2011年8月30日火曜日

Mine Vaganti...映画『明日のパスタはアルデンテ』

今週日本でも公開になったイタリア映画『明日のパスタはアルデンテ』。
某新聞社のサイトで紹介記事を見、へえ、こんな映画あったんだ、どれどれ、と興味を持ちました。
イタリアの家族の物語。様々な人間模様と苦悩が描かれるものの、最後には大団円で、外国人の私たちが持つ、イタリアの明るいイメージを裏切らないのはそれは、監督が外国人であるからではないか、と記事は結ばれています。
それにしても・・・すごい邦題。何がどうしたくてこんなにパスタにこだわるんでしょうか。たしかに主人公一家はパスタ工場を経営しているけど、主題とはあまり関係ないし。
そして、明るく楽しいイタリアのイメージなぞを、イタリアで活躍する外国人(トルコ出身)映画監督オズペテクが持ちうるものだろうか・・・。同じ在伊外国人としてははなはだ疑問。外国人がこの国でまず最初に見に付けるのって、そんな温かな視点ではなく、せいぜいがシニカルな視点であって・・・と記事に対して不信感噴出、別の意味でぜひ映画を見てみたくなりました。

で、即その夜鑑賞。
「Mine Vaganti」という原題からしてなんとなく私の記事に対する不信感を裏付けてくれる感じ。なぜなら原題を直訳すれば、浮遊機雷という、なんとも不穏なタイトルだから。これは、ある過去を持つ祖母だけでなく、主人公らもその時代、その個人による様々な問題を抱えていることを示唆していると解釈したのだけれど・・・。

今検索してみたら、他にもいろいろな新聞社や映画サイトにも紹介があるようなのですが、どの記事でも大団円で丸く収まっているとのレビュー。・・・何をもってこのレビューが出てくるのか私にはさっぱり。もしかしたら最後のシーンを持ってそう言わしめているの?だとしたら、恐ろしいくらいイタリア=陽気の偏見の毒に侵されているとしか思えないのですが・・・。

公式サイトのコメントを見てみて私が信用できると思うのは、イタリアに住んだことのある人やイタリア人芸能人のコメント。ドイツやアメリカのメディアもやはり、「陽気なイタリア」 「風光明媚な南イタリア」の毒に侵されている・・・。

映画としては、悪くない映画だと思うので、みなさんも実際に見てみて、よかったら感想を教えてくださいね。

1 件のコメント:

五十嵐敬治 さんのコメント...

劇場公開時はこの映画の情報を知らなかったので観ていません。
先日、テレビの深夜番組で『明日のパスタはアルデンテ』が放映されていたのを観て、あぁ、やっぱりイタリア映画は素敵だなと再認識しました。
劇中に流れる流行歌は昔馴染んだ曲ですが、知らない曲が一曲、声質が往年のミーナのようだったのですが・・・実際は誰だったのか気になった次第です。